Honda XL250R

KL250の振動の多さに辟易して生まれて初めて新車で買いました。

1982年の春のことです。

ナラシ運転をじっくり行いました。

この頃が一番バイクに乗れていたと思います。
このXLは前後サスがXR用に換装してあって、かなり背が高くなっていますが、それでも左コーナーでスタンドが接地することがありました。リアをドリフトさせて舗装路を走っていました。もちろんいろんな林道を探しながらのツーリングもしていました。このバイクに乗っている時、限定解除に成功しCB750FBを買ってからは、セカンドバイクになってしまいましたが、ツーリングにはXLで行っていました。いつもキック1発、全然故障しないバイクでした。

   
 
早朝、丹後半島に向かっている途中です。

天橋立。

ホントはバイクで通ってはいけないみたいです。

丹後縦貫林道の入り口。

丹後縦貫林道の途中からオフロードに入り込んだ所。

反対のアングルで。

牛くん。

どこだろう?

記憶にありません。

アホですね。 

よく汚れました。

雨の日にスリップして、縁石にクランクケースを
ぶつけてしまいました。幸い、コケなかったのですが
クランクケースカバーが裂けるように割れてしまいました。

エンジンを吹かすとエンジンオイルがぴゅ〜っと
吹き出ました。家まで100kmぐらい離れた場所で
さ、どうしよう?

すぐ近くに文房具屋さんがあり、2液混合型エポキシ
接着剤を購入。バイクを倒して、裂け目に塗り塗り。

無事、家まで帰れました。

早速、交換のために部品を発注。

でも、このままで数万kmも保ってしまい、結局、
バイクを手放すまで、エポキシ接着剤で修理したままにしてしまいました。

 

夏は暑い。

雪が降ると鞍馬の山に行きます







この人は誰でしょう?

たぶん通りがかりの人です。

    XL250Rその2へ
(静岡遠征) 

XL250Rその3へ
(四国・etc)