DR650SE  LEDテールランプの製作 (2017年6月18日)

DR650のテールランプ・ストップランプをLED化しました。


スイッチング式の定電流回路を組み、LEDを点灯させました。
オシロの画面は電流波形です。リップルがかなりありますが
LEDの点灯用なんで、まあいいでしょう。


5個直列にして点けてみましたが、直視できないほどまぶしいです。
実際は、4個直列×4=16個点けることにします。


LEDの明るさ、パワー回路は検証できたので、次は制御部の試作です。
マイコンは8ピンのATTiny13Aを使いました。
テールランプ使用時は Duty 20%、ストップランプ動作時は Duty 100%で
点灯させます。

安全のため、ブレーキONした時にウィンクするようにしました。

1.初めてストップSWがONすると5発高速にウィンクします。
 もちろんウィンクした後も、ストップSWがONだったら
 ランプはONのままになります。

2.初めてストップSWがONしてから2秒以内は
 再度、ストップSWがONすると5発高速にウィンクします。

3.初めてストップSWがONしてから2秒を過ぎて、
 その後の4秒間は、3回高速ウィンクします。

4.初めてストップSWがONしてから6秒経つと、
 ウィンク動作はしなくなり(普通の動作になり)ます。
 ストップSWがONでランプがON、
 ストップSWがOFFでランプがOFFします。

5.ストップSWがOFFになったまま、8秒経つと、
 元に戻って(1.に戻る)、再び、高速ウィンクします。

*「ランプがOFF」と書いていますが、テールランプの
 機能もありますので、完全に消灯するのではなく
 薄暗く点灯しています(約1/5の光量)。

*ウインクする機能は外部入力端子で無効にできます。

ソフトウェアはオール・アセンブラで書いて、312バイトとなりました。
フラッシュROMの容量は1kバイトですので余裕のよっちゃんです。

これで試作・実験は終了。
プリント基板を作ります。
KiCADでデザインし、業者に発注することにしました。


中国のElecrowという会社に発注しました。
ガーバーデータをメールして1週間足らずで出来上がってきました。

若干、シルク印刷がぼやっとしていますが、なかなか良く出来ています。
10枚で$11.5、送料の方が高くて$13.23。合計で$24.73。3千円ぐらいでした。
実際は基板は14枚送られてきました(おまけ4枚)。基板取りの都合で余ったのしょう。

P板comの1/10の価格ですが、アマチュアが使う分には全く問題ありません。
大満足です。


部品を載せました。全てチップ部品です。

LEDは4列×4個 あるのですが、電流制御回路は1列毎に設けました。
もし電流制御回路が1回路壊れても、1列消えるだけです。


こちらがLEDの付いている面。

なお、「プリント基板」であって、「基盤」ではありません。
時々、ネットで「基板」のことを「基盤」と書いている人がいますが、間違っていますので
「基板」という単語をIMEに登録しておきましょう。


これがノーマル。


 
LED基板に交換したところ。
Lアングルで固定します。
ノーマルのテールユニットに穴を2個開けました。
ぴったりと収まるように基板のサイズを決めました。


見え具合の比較写真です。全て同じ条件で撮影しています。
【撮影条件】
 レンズ 18-55mm 望遠端
 ISO 400
 F8 1/250秒
 カラーバランス 曇天
左がノーマルの電球。電球は黄色い感じ。
右がLED。LEDはべったりと赤いです。


 
側面。LED(右)の方がギラギラした感じです。
電球は1点ですが、LEDは16点ありますからこうなるのでしょう。


 
斜め後ろから。やはり右のLEDの方がギラギラした感じです。


これが交換前。


交換後。
テールレンズユニットも換えました。純正品です。
仕向け地によって、大きさが違います。ヨーロッパ向けが小型のタイプになるようです。
部品番号は、大きいのが "35710-32E30"、小さいのが "35710-32E00" です。
小さい方も日本で普通に買えました。
純正部品ですので、形が違ってもポン付けです。


電球は規格では21Wですが、それは供給電圧が12Vの時で、13.8V時には2A流れ、
28Wとなります。

LED化すると、13.8Vで0.32A、約4.4Wになりました。

LEDを定電流駆動しているので、供給電圧が10V〜15Vと変化してもLEDの明るさは変わりません。
また、スイッチング式なので供給電圧が上がると供給電流は減ります(定電力になります)。

ということでだいぶん省エネとなりました。

後は耐久性ですね〜
電気的には、電球の口金部分にアダプタを付けて接続してありますので
この基板が壊れても、基板を外し、電球に交換することですぐに元にもどります。


ストップランプ点灯中。
明るさは白熱電球と同じか、やや明るくなったようです。
色味は鮮やかな赤です。
白熱電球と比べて、点灯/消灯の歯切れが良く、視認性が良くなったと思います。