セローのステップをワイド化 (2011年7月2日〜)

セローステップは藪などで引っかからないように小さくなっています。
しかし、足底の収まりが悪いのも事実です。
市販品で大きいものが売られていますが8千円ぐらいするようですので
自作することにしました。

これがノーマルのステップです。 

ノーマルのステップの外側にギザギザの板を熔接して、大きくします。 

まず、ギザギザの板を作ります。

フラットバーをギザギザに刻みます。

穴を開けて、斜めに切れ込みを入れていきます。

高速カッターでは大き過ぎますので手持ちのディスクサンダーを固定するスタンドを利用しました。

部材に角度を付けて固定するクランプを使えれば、一定の角度で切れ込みが入れられたのですが、クランプに固定すると部材が切断されてしまうので、両手で部材を持って作業しました。 

切れ込みを入れているところ。 

両方に切れ込みを入れたところ。

この後、ヤスリがけして形を整えます。

ヤスリがけして出来上がり。

ギザギザのピッチ・山の高さはノーマルセローのステップを計測して同様にしました。まあまあ似たものができあがりました。

まだ途中です。このギザギザ板を折り曲げて熔接しなければなりません。
どうやって曲げようか? けっこう硬いんです(厚さ3mm)。

さて作業再開です(2011年7月10日)
今日も暑い(35℃です)。

バーナーで炙ってみると、ラジオペンチでも曲げることができました。

ちょっと形がいびつでしょうか。

最後の部分を折り曲げて、後は切断。

こんな感じです。

左右1組作りました。

最後は熔接だ〜
(暑い、、、)


朝早く(5時半)に起きて熔接します(2011年7月16日)。

古いステップのギザギザ面と、追加するギザギザ面を同一平面にするために、平べったい板にクランプに押しつけて仮固定します。

この状態で、2点をチョン付けしてから本熔接しました。

うまい具合に出来ました。

これだけでは強度が足らないので補強の板をさらに熔接します。

側面から見たところ。

まずまず溶け込んでいます。
ほんの少しブローホールが出来てしまいました。熱の加え過ぎかな。 

根元側から見た所。

こちらもこんなもんでしょう。
電流は 80A でいいみたいです。

ここまでで朝7時半。山の陰から日が射して来て、気温が上がり、自動溶接面の
反応が悪くなります。お腹も減ってきたので今日はここまで。明日はもっと早起きして
続きをやります。

さて今日(2011年7月17日)は朝4時半起床。
続きをやります。
補強を2点に施しました。 

左側のステップも同様にワイド化しました。

何だか左右で形が違うな〜。
まっ、いっか。

補強を1箇所して、時間切れ。
また今度、もう1箇所補強します。