レンガの花壇(その2)

コンクリートが乾いたのでレンガを置いてみたところ。やはりイマイチ鉄筋の位置が悪いので合板でジグを作りました。これで鉄筋の位置を矯正するのだ。

(2002/12/28)


 
こんな感じ。



レンガを置いてモルタルで固定したところ。

(2002/12/30)


 
道路側長辺を固定。奥に行くほどに道路が高くなっていますので、レンガが沈んでいきます。


反対から見たところ。
水平は透明ビニールチューブに水を満たす、という教科書(?)通りの方法を用いました。
    


今度は家側の長辺。道路側の1段目の上にレンガを仮に置いて、家側の鉄筋(どこにも固定されていない)と道路側の鉄筋を結びました。とーっても面倒臭いのでした。

(2003/1/4)



 
拡大図。ジグの腕木をレンガ2個分(短辺の長さ分)にして道路側の長辺と家の長辺の間隔が一定になるようにしました。


 途中。うーん、しんどいぞ!


 
わかりにくいですが、霜柱が立っています。今日は気温が低すぎてコンクリートは打てません。



 
霜柱をみんなで見ているところ。 寒い!

(2003/1/5)



やっと家側の一段目も出来ました。あと短辺だけ。鉄筋が固定されてしまえば、2段目以降は作業が楽に進みそうです。

(2003/1/26)



鉄筋を入れると作業がなかなか進みません。鉄筋をレンガの穴
に合うように等間隔で垂直に支持しなければならないから。

ホントはこの程度のレンガ積みなら鉄筋は不要だそうです。完全
にオーバースペックです。実際、近所の公民館に同じようなレンガ
製花壇がありますが、穴なしレンガで作ってありました。