DR650SEのタイヤ交換(2回目)
(2007年11月10日〜11日)

ちょうど1年、5000km走ったのでタイヤ交換の時機です。
同じ銘柄のミシュランT63にします。
このタイヤは非常に気に入っています。
 ・けっこう長持ちする。
 ・安価。
 ・オフロードでなかなかの性能、オンロードでまあまあの性能なので
  林道ツーリングに最適。

まずリアタイヤから。

バイク用のジャッキを買ったのは正解です。
すごく便利です。

リアタイヤのハブダンパーがポロポロ落ちてきたので
方向がわからなくならないように、写真を撮っておきます。

古いタイヤを外したところ。

タイヤ交換を自分でやるのは、費用節約もありますが
林道でパンクした際の練習をも兼ねています。

実は手抜きしてビードを落とすのを専用工具である
ビードブレーカを使いました(ちょっと体調不良だった
ので)。 林道でパンクして、ビードが落とせるかな〜。
ちょっと不安。

リアタイヤの摩耗の様子。

やっぱりこれだけ山が無くなるとグリップしません。
午後2時からタイヤ交換を開始、ついでにチェーンの清掃などをやっていたら
4時を過ぎてしまいました。この季節、5時になるともう暗くなってくるので、
フロントタイヤは次の日にすることにしました。

翌日。

やっぱりフロントタイヤはビードも足で踏むだけで
簡単に落ちてくれ、ラクチンです。ゆっくりやって
1時間ほどで完了。

フロントタイヤの摩耗程度はリアタイヤと同じぐらいです。
早速、試乗。足が届きにくくなりました。山の高さが違うものねぇ。
舗装路では「グニャグニャ」感があります。山が高いのでこれも仕方ないです。