DR650SE フロントフォークのオーバーホール  (2016年7月22日)

去年の秋のツーリング後、洗車してましたらフロントフォークからの
オイル漏れを発見!
微量でしたのでそんなに急ぐ必要もなく、そのうち修理しようと、放置してました。
だんだんと漏れが多くなり、半年以上経ってやっと重い腰を上げました。


右のフロントフォークを抜いたところ。
オイル漏れしているのは左のフロントフォーク(オイルで少し黒くなっていますね)。
ブレーキキャリパは、ブレーキホースに無理な力がかからないようにヒモで吊っておきました。

DRを新車で買って丸10年になります。フォークは左右とも分解整備することにします。


スプリングを抜いて、フォークオイルを抜いたところ。
スプリングの自由長は551mmほどあり、使用限度の548mmより長く、
再使用できます。


フォークオイルは意外に赤みが残っていて綺麗でした(それでもずいぶん濁っていますが)。

ここまで作業していて、太陽が昇ってきて暑くなってきたので部屋の中で
作業することにしました。


ホームセンターでブルーシートを買って来て、リビングルームでやりました。
今日は家内も娘も仕事なので私だけしか家にいないのでした。
エアコンをガンガン稼働させました(暑いの、苦手)。

無事、インナーチューブとアウターチューブを分離できました。
アウターチューブの底には黒いスラッジが溜まっていました。
パーツクリーナを吹きまくって綺麗に掃除しました。


ほぼ組み上がって、ねこが検査しに来ました。 「うまくできたのかにゃ?」


車体に戻して、早朝に試運転。宇治川の土手です。
快調、快調。
フォークブーツもこの機会に新品に交換しました。


赤丸の部品を新品にしました。
6=アウターチューブメタル  8=オイルシール  9=ダストシール  10=スナップリング
12=インナーチューブメタル
21=ボルト  2=銅ワッシャ


インナーチューブとアウターチューブを分離するためのスズキ特工。
約50cm長のハンドルとアタッチメント。


アタッチメントは3種類のサイズに対応できるようになっています。
DR650SEは、写真では見えていない底面側を使います。


この部分を使います。二面幅は28.7mmぐらいです。
もし特工を使わず、自作する場合、M18のナットが27mm、
M20のナットは30mmなので、使えません。
ちなみにこのアタッチメントの26.7mmの部分では空回りしてしまいました。

ユニファイネジの呼び径3/4インチのナットが28.575mm(9/8インチ)なので、
使えそうです。って言うか、そもそもこのサイズなのかもしれません。
この特工(アタッチメント)は買うと2千円以上しますので、このサイズのナットが
手に入り溶接ができるなら、自作可能と思います。
また単なる回り止めですから、必ずしも六角形でなくともよくて、長方形
(28.7mm×16.6mmぐらい)でもいいと思います。
       こんな風に↓