DR650SEに12Vのコンセントを取り付けました。(2008年10月19日)

ツーリングに出かけた時、ETC車載器とか携帯電話の充電のために便利です。

DR650のヘッドライトカバーを外すと、何も繋がって
いないコネクタがあります。ポジションランプ用のコネ
クタみたいです。私のDRは常時ヘッドライトが点灯
しますので、必要ないのでしょう。

ここから分岐しました。

3Aのヒューズを入れておきました(たぶん1A程度しか使わない)。

110型といわれるコネクタです。

圧着端子は半田付けしてはいけません。
半田がリード線の内部に浸透して、リード線が堅くなって
しまいます。しばらくはいいのですが、やがて振動で
そこから折れてしまいます。

ちゃんとした工具で圧着すれば、強度も信頼性も確保
できます。

こんな風に出しておきます。

ツーリングから帰って来たら、丸めてメーターバイザに
押し込んでおきます。

DCを分岐するボックスを作ろうと思いました。

分岐ボックスにはに単四ニッケル水素電池2本
(ハンディGPS、Geko201の電池です)をトリクル
充電するシカケを内蔵することにしました。

簡単にLM317(使ったのはセカンドソースのNJM317)
を使って定電流充電にします。ブレッドボードで実験
しました。

タカチの単四電池を2本内蔵できるプラスティック
ケースに、DCジャックを4個付けました。

ETCと携帯電話の充電に使います。あとふたつ何か
に使えます。

NJM317は若干発熱しますので、アルミの放熱板を
付けることにします。

プラスティックケースにうまく合うようにアルミ板と
プリント基板を切り抜きました。

アルミ板の上にプリント基板とNJM317をネジ止めします。

アルミ板は厚さ2mmです。

配線が終わったところ。

充電電流は110mAにしました。

電流設定用の抵抗も若干電力を消費します。
1/4W 33Ωの抵抗を3パラにしてあります。

ETC車載器にDCジャックを繋いで、分岐ボックスと
接続しました。

ETC車載器はタンクバッグに仕込みました。

うまく動作しました。

定常で70mA、ETC車載器が喋ると200mAほど
流れるようです。

さらに分岐ボックスに携帯電話の充電器を接続
します。

シガーソケットの内部にシカケが入っています。

あやうくカールコードのところをちょん切るところでした。

これです。

基板を取り外してみました。

実験用DC電源に繋いで実験したところ、この基板は
単なる5V出力の降圧レギュレータのようです。
無負荷で5.4V、充電中は0.3A流れ、4.8Vになります。

充電の制御は携帯電話側でやっているのでしょう。

よく売ってるUSBポートに繋ぐ充電器はただの変換
コネクタなんですね〜

入力は7.5V以上あれば安定していました。

単四ニッケル水素の充電=110mA、ETC=70〜200mA、携帯電話の充電=300mA ですので
合計で最大610mAです。だいたいニュートラルランプ(3.4W)2個分ぐらいの電力ですので、
バッテリ上がりとかの問題は全然ないでしょう。



【まだ書きかけです。また追加します。】