DR650SEにデジタルマルチメータを付ける (2009年7月〜)

そもそもタコメータを作っていたのですが、だんだんいろんな情報を表示しようと
思い始めました。欲張っていろいろやっていて完成するか怪しいですが、まあ
やってみようと思います。

秋月電子でSH7125のモジュールを買い、
これまた秋月で買った128×64のグラフィックLCDを
接続しました。


画面左上に三角マークを表示してみました。
どうやらうまく動作しているようです。

(順番に0x01、0x03、0x07、0x0F、0x1F、、、と
データを出力しただけです)。

フォントを作成するWindowsプログラムを作りました。
作ったフォントデータはC言語の初期化付きの配列
宣言のテキストファイルになります。

これをコンパイルしてSH2に転送、動かしてみました。

PCの画面では綺麗に見えたのですが、128×64の
画面で見ると、パッとしません。PCのLCD画面より
コントラストが低いですからね。フォントのデザインは
太くはっきりとしたものにするのが良さそうです。

フォントをいろいろ作ってみました。

"Multi-Monitor"の文字はプロポーショナルフォント
(文字毎に幅が違うフォント)にしてみました。
なかなか綺麗に見えます。

キャラクタタイプのLCDとはぜんぜん違う美しさです。

スピード表示はこんな感じ。

任意の長さの水平線と垂直線を描くルーチンも
作りました。

枠があると引き締まります。

一番心配していたのが直射日光がLCDパネルに
当たった時の見え具合です。

はっきりよく見えます。

PCのLCDモニタと違って、バックライトの明るさを
利用しているのではなくて、入射光を反射させて
見ているので、むしろ周りが明るい方がよく見えます。


いろいろ画面のデザインをしてみました。

128×64ピクセルと、携帯電話の画面よりも解像度が
低いので、LCDモジュールをふたつ使って
ダブル画面にすることにしました。

左側:スピード ・ トリップA/B ・ 時刻
右側:タコメータ ・ 気温 ・ 油温 ・ 電圧

まあ、まだ単にLCDに書いているだけなので
何でも書けます。

まだまだ完成までほど遠いです。

続く、、、