DR650 タイヤ交換 悪戦苦闘 (2008/5〜2008/6)

DR650オーナー友の会(DOT-N) の掲示板にて中古の前後ホイールを手に入れました。

私はミシュランT63が大好きなのですが、オフロード寄りのタイヤのため、
 ・ロードノイズが大きい
 ・舗装路ではグリップ力が弱い
 ・舗装路でT63を摩耗させるのはもったいない

という理由でスペアホイールを手に入れ、これにオンロード寄りのタイヤを装着し
オフロードを走らない時に使おうと考えました。

オンロード寄りのタイヤはミシュランSIRACが、価格・耐久性で優れているようですので
これに決めました。

まずリアタイヤから。
中古ホイールにはTKC80が装着されていました。
(5月18日)

すんなりと交換できました。

今度はフロントタイヤを交換します。
フロントリムは変形してましたのでリムとスポークは
新品に交換してあります。→【こちら】
(6月21日)

チューブがツチノコ状態に。
こんなんでいいのか?

不安なので、新品チューブに換えておきました。

このミシュランSIRACのフロントタイヤ!、ビードがすっごく上がりにくいです。

普通、フロントタイヤは、3〜4kg/cm2 ほど空気を入れると、ビードが上がります。
このタイヤは、6kg/cm2入れないと、ビードが上がりません。しかも、空気圧を通常の
2kg/cm2にすると、ビードが再び落ちます。

何度も空気を抜いて、ビードを落とし、ビードクリームをたっぷり塗り直したりしましたが、
ぜんぜんうまくいきません。6月21/22日(土/日)の2日間やりました。

どうしようもなくなって、日曜日の夕方、バイク屋に持って行ったのですが、状況は
変わりませんでした。

もうやることがないので、6kg/cm2でビードを上げたまま、次の土曜(6月28日)まで6日間
放置しました。
空気圧を下げてみると、ようやくビードが上がったままになりました。
DOT-Nの掲示板でも同じ現象に遭われた方がお2人おられました。
ビードの内径が小さいのか、、、

20歳の時から30年近く、パンク修理やタイヤ交換を30回以上したことがありますが、
こんなことは初めてです。ビードが上がりにくいのはリアタイヤで、フロントタイヤで
こんなに頑固とは
同じミシュランのT63を、このリムで2回交換しましたが2回ともうまくいきました。
タイヤサイズは90/90-21とSIRACもT63も同じですし、純正(ブリジストン TW41)も
このサイズです。

ミシュランにメールで問い合わせましたが、「文章ではわかりかねる。販売店に相談してね」
とのことでした。6日間の放置で、ビードが上がらなかったらクレーム返品しようと思って
いました。

なおこのタイヤは、販売店(RSタイチ京都店)の在庫にはなく、新たに注文したものです。
販売店に長期に在庫されたものではありません。

何とか、ビードが上がったので車体に取り付けます。

これはT63との比較。

見るからに舗装路ではSIRACの方が良さそうですね。

丸く収まりました。


汗だくになりようやく作業完了できました。
次回、フロントタイヤはミシュランSIRAC以外にしようと思います。もうこりごりです。