中華製のTIG熔接機を買いました。 (2011年3月14日)

TIGというのは タングステン・イナート・ガスの略です。

タングステンはアーク(火花)を飛ばす電極の材質のことです。
融点は3500℃ぐらい、鉄は1500℃ぐらいです。

ムカシながらの熔接(被覆アーク熔接)は電極そのものが
アークの熱で熔けていきますが、TIG熔接は電極のタングステン
は熔けません(少しは熔けてチビていきますが)。ただアークを
発生させて母材を暖めて熔かすだけです。

ですので直流TIGの場合、電極をマイナス、母材をプラスにします。
母材がプラスの方が、電子が母材に集まるので、母材をより熱く
することができるからです。被覆アーク熔接は極性が逆でアーク棒
が熱くなって熔けるようになっています。

このTIG熔接機は接続ケーブルを繋ぎ変えることで被覆アーク
熔接もできるようになっています。

イナートガスというのは不活性のガスのことです。日本では
経済性からアルゴンガスを使います。アメリカなどでは
ヘリウムガスを使うそうです。

なぜ不活性ガスを使うかというと、母材が真っ赤に熔けて
ドロドロになっている部分の酸化や窒化を防ぐためです。
アークを包み込むように不活性ガスを一定量吹きつけ、空気を
遮断します(シールドガスと言います)。

熔接は今までに一度もやったことがないのですが、アークで
母材を暖め(熔かして)、そこに熔加棒を熔け込ませるやり方は
半田付けに似ているような気がしてこの熔接方法にチャレンジ
してみることにしました。 

TIG溶接機のAC入力ケーブル。

何だか薄汚れています。
長さも2mしか付いてなくて短いので5mのケーブルに繋ぎ換えることにします。

最大28Aの電流が流れますのでVCTの3.5SQにします(単相200Vです)。

上蓋を外したところ。パッと見では、けっこう綺麗です。

プリント基板の仕上がり具合は、部品はまっすぐ整列して付いていて(曲がって付けてなくて)、半田にはツヤもあり、上手です。 

思ったよりしっかりとしています。

細部を見ていくと、、、

これはフロントパネル部分を俯瞰した写真です。何これ? 

上の写真を拡大したものです。

LEDの足を基板用コネクタに突き刺してあります。こういうやり方は初めて見ました。さすが中華製。 

次は側面です。AC入力ケーブルが電源SWに繋がっていますが途中、ACケーブルがDC出力端子に触れています。

DC出力には最大200Aの電流が流れます。銅板で出力端子に接続されているのは良いのですが、ACラインに触れているのはマズいでしょう。熱で被覆が溶けてショートする可能性があります。 

上の写真を拡大したものです。

出力のインダクタにも触れています。

こんな窮屈に取り回さなくてもいいと思うのですが、、、

ACケーブルを付け換えた際に、取り回しを変更しました。

出力部を避けるようにしました。

こんな感じです。重さは10kgぐらいで軽量です。 

アルゴンガスの配管はこんな感じにしました。
ワンタッチカプラで簡単に取り外しができるようにしました。 

ちょっくらテストしてみました。綺麗にアークが飛びます。

自動遮光のお面(アーク光を検知して自動的に暗くなります)も快適に働きます。

TIG熔接はほとんどスパッタ(金属の飛び散り)がなく、ヒューム(煙)も出ません。ガスの出るシューっという音と、かすかにチリチリとアークの飛ぶ音がするだけで上品(?)です。

*もうちょっとトーチは立てた方がいいですね。


続きはこちら↓
 アルゴンガスボンベのおうち

 (2011年3月27日)
 シフトペダル改造(社外品)

 (2011年4月2日)
 シフトペダル(ノーマル改造)

 (2011年4月17日)
   セローのステップをワイド化

 (2011年7月2日)
   ステー修理

 (2015年9月21日)