Suzuki VX800 ってご存じ?

1990年に発売されたバイクです。
アメリカンタイプのイントルーダー(750cc)のエンジンのボアを3mm大きくして
805ccとしたものです。
フレームはイントルーダのものを流用しているそうですが、ステップ位置を後ろに
リンクでズラし「普通の」ロードバイクになっています。

代表的なスペックを下記に書きます。

 総排気量  805cc
 エンジン形式  水冷V型2気筒横置き 
 圧縮比  10.0
 ボアストローク   83.0×74.4
 最高出力  57ps/6500rpm
 最大トルク  7.0kg・m/4500rpm
 タンク容量  19リットル
 動力伝達  シャフトドライブ
 キャスタ角  31.0度
 軸距  1565mm
 乾燥重量  217kg

一応ロードバイクですが、ホイールベースが長く、フロントフォークも寝ていて
まったり乗るバイクです。最大トルクの発生回転数が4500rpmというのも
性格を物語っています。

VX800がトラック便で運ばれてきました。
(2007/3/3)

←の左端がVX800です。

運送屋のお兄さんがテキパキと降ろしていきました。

こんなバイクです。

シンプルです。

またがった感じは400ccクラス。

綺麗に見えますが、かなりあちこちサビています。


走行 16,708km。

ちょっとメーターの上が曇っています。


取り回してみたところ、重いぞ! 
前後ともディスクブレーキがかなり引きずっています。
ハンドルも重い! ステアリングステムのベアリングが逝ってるみたいです。

セルモータは回りますが、エンジンはかかりません。
ガソリンが後ろ側のキャブからオーバーフローしてます。

少なくともこれらを整備しないといけません。


続きはこちらへ↓どうぞ!

VX800の整備(その1) キャブレタ編 

(2007年3月)
VX800の整備(その2) フロントフォーク・ステアリング編
 
(2007年4月)
 VX800の整備(その3) 前後ブレーキ編 (2007年5月)  
 VX800の整備(その4) タイヤ交換・ハンドル周り・サビ取り編
 (2007年6月)  
 車検を受けました (2007年7月5日)
 車検の後 あかんがな (2007年7月)
オイル交換(2008/02/19) 前回より1800km走行。
 HONDA ULTRA S9 10W-40
ヘッドライト・ウィンカー制御ボードの自作
(2007年7月〜2008年7月)
1年がかり? いや途中で飽きたのでした。
やっと出来そう。